保育士から一般企業へはどうやって転職するの?そもそも転職できる?

保育士の仕事は、日々の子ども達への保育だけではなく、それにまつわる様々な雑務が降りかかってきます。

しかし、持ち帰りの仕事や残業が評価される事はなく、給与に反映もしてもらえません。

そんな労働内容や時間に対して対価が貰えない事に不満を持つ、激務に耐えられずに精神や体調を崩して、一般職へと転職を志す保育士も少なくはありません。

しかし、保育士しか経験が無い人が果たして一般職に就く事が出来るのでしょうか?

今回はそんな保育士から一般企業へと転職する際のコツや、見つけ方を紹介していきます。

転職は出来るの?

まずは転職が出来るかどうかを調べていきます。

結論から言うと、保育士から一般企業への転職は可能です。

ただ、保育士と同等の給与であったり、休みの日数もそんなに変わらないと何かしらの難点には目を瞑らなければなりません。

やはり保育の仕事を長年頑張っていても、一般企業ではそのスキルは活きる事がありません。

一般企業からすれば、仕事をコツコツと頑張れる、体力がある、対人スキルが磨かれていると保育士には印象を抱きますが、それで仕事が出来るかと考えると必ずしも出来るとはなりません。

福利厚生も手厚い、給与も高い、休みも多いと条件ばかりを付けてはなかなか一般企業の食で良いものは見つかりません。

何か一つ、絶対に譲れない条件をこの中から選びましょう。

探し方は?

一般企業で働いた事の無い人が、一人で一般企業の仕事を探すのは不安が多いと思います。

そんな時に役に立つのが、転職サイトです。

現在ネットで展開されている、一般企業向けの転職サイトの中でも、転職の専門家が付いてくれて、一般企業に転職するノウハウや良い企業をどんどん紹介してくれます。

自分一人で転職先を探すよりも、必ず良い求人に出会えるので登録した方がいいと思います。サイトはどこも無料がデフォルトなので、懐を痛める事なく最低限の出費で転職活動を行う事が出来ます。

また、転職活動の中には変わった方法があります。『紹介予定派遣』というのをご存知ですか?

一般企業にはこんな変わった社員として契約する事も出来るのです。

これは、一度派遣で企業に入って企業の仕事内容や人間関係、残業や給与などを確認し、双方で納得できた場合のみ契約を結ぶ方法です。

保育士として働いて来た事で、事務職などは初めての経験になります。

やはり戸惑ったり、自分に合わない業種だと感じた時に、この契約形態であれば辞める事も可能なのです。

企業側もきちんとその人の適性を見極める期間なので、辞めさせるような事はしません。

そして、契約満期になれば自動的に正社員になれるので、かなり良い方法だと言えます。

転職サイトに頼るメリットは?

では、自分で探すよりも転職サイトに頼るメリットはどんな所にあるんでしょうか?

上記でも少し触れましたが、ここでは更に詳しく見ていきましょう。

・全く知識のない一般企業を見分けて、良い条件のみを紹介してくれる

・上記に紹介した紹介予定派遣などの変わった形態も紹介してくれる

・給与を上げて欲しい場合、休みを増やして欲しい場合、企業へと交渉を行ってくれる

・非公開求人を紹介してくれる

・忙しくて自分で探せなくても相手が探してくれる

保育士は前述した通り、かなり忙しいです。

時期によっては日付が変わるまで仕事をしなければいけない時もあります。

そこで、自分でハローワークに行ったり、転職サイトをいちいちチェックしている時間はなかなか取れません。

良い求人からどんどんなくなりますから、見ていない内に良い求人が消えてしまっている場合もあります。

そして、何よりの魅力は休日や給与を交渉で自分の希望通りにしてもらえる事です。

例えば、通勤が非常に簡単な企業を見つけ、職種もぴったりでそこに行きたいと考えても、給与があまり良くなかった場合、また探し直しになってしまいます。

しかし、転職サイトのスタッフはその給与を希望まで引き上げてくれる役割も果たしてくれます。自分で言いにくいお金の話も精一杯交渉してくれるので、納得のできる額で転職を行う事が出来ます。

また、企業によっては非公開求人と呼ばれる、ハローワークや自分で転職先を探している人には紹介しない求人が存在します。

何故非公開にするかと言うと、人材を絞り込む為です。

例えば、有名な企業や高給の企業が求人を行った際に、応募が殺到するのは想像に容易い事です。

企業側も書類選考・面接で人を弾かなければなりませんし、かなりの時間を割かなければいけません。

そういった時間を短縮する為にも、求人を非公開にして、転職サイトからの紹介制にしているのです。

ですから、自分で探すよりも非公開の好条件の仕事を得られるチャンスも広がります。

何も知らない一般企業に一人で飛び込むのは不安な人は多いでしょう。

そういった不安を受け止め、良い条件の企業を絞ってもらう為にも転職サイトに登録して助けてもらう事をオススメします。

給与や休日は増えている?

ちゃんと転職後に自分の時間が得られているのか、休日はあるのか、給与は上がるのかは不安な所ですね。

保育士から一般企業に転職した人には、以下のような人がいます。

・給与はそこまで変わらない(月収17万円)が、福利厚生が充実して有休を消化しやすい。

・給与が変わらない代わりにボーナスが2.4ヶ月分満額で支払われる

・給与は1万程度下がったが、休みが月8日確実に取れる

・人間関係は女性ばかりの保育園と違い、築きやすく過ごしやすい

やはり、一般企業の方が休みが増えた・有給が取りやすくなったという意見が挙がっています。

また、ボーナスも保育園は1ヶ月分が出たら良い方だったのに、額面通りの満額が支払われる事で、貯金も遊びにもお金が使えるようになった人も増えています。

そして、何よりも違うのは人間関係です。

保育士は常に連携を取って人の顔色を窺うのも仕事の内でしたが、事務職になると書類やパソコン相手の仕事が中心となりますし、大体の企業が男女比が同じ、男性の方が少し多い環境なので、女性ばかりで構成されている保育園よりもかなり人間関係はあっさりしていて、お互いに余裕を持って接する事が出来るようです。

COMMENT