何で一般企業から転職する人が多いの?保育士資格が人気の理由を徹底解明

一般企業の事務や営業職など、一見保育に全く関係の無い人が突然会社を辞め、保育士養成所を卒業して保育士デビューをするのは珍しくはありません。

私のいた施設職員では2人、保育所では実習生も含め5人いました。

しかも、その中の保育園勤務の保育士一人は28歳で仕事を辞め、2年間専門学校に通って30歳で保育士としてデビューを果たしていました。

この人を見て分かるように、保育士にはなるには遅い年齢などありません、何歳からでも挑戦できます。

今回はそんな飛び込む人の多い保育士業界が何故人気なのかを紹介していきます。

転勤がない場所を選べる

保育士が人気の理由に、転勤がない事が挙げられます。

公務員の保育士をしていると、各自治体の不足した場所に職場が毎年変わる可能性があるので転職があります。また、系列の保育所や施設を持っている所は、私立でも次の年から職場が変わる可能性もあります。

しかし、私立で系列などが無い園に勤めれば、転勤する事はまずありません。

自分が職場を選ぶ際に転勤がないというのを幅広い範囲で選べるのも保育士の人気の一つです。

夜勤があって給与が高い

保育士の中には、児童指導員として施設で活躍する保育士もいます。

施設や24時間保育、夜間保育を請け負っている所では夜勤が行われます。

夜勤には一回に付き5,000円以上の夜勤手当が付き、パートタイムやアルバイトでも時給が上がる所がほとんどです。

短時間でがっつり稼ぎたい人、結婚・妊娠を期に保育士を辞めていたものの再び働く為に勘を取り戻したい人には人気の理由です。

また、夜勤明けは休みになる所ばかりなので、月の休みも普通の保育園保育士よりも多く設定されています。自分の時間をしっかりと取りたい人にも人気なのです。

人間関係をやり直せる

保育所は小さい所でも人間関係が激しく、時にいじめが起こってしまう大変な世界です。

皆それぞれの保育観・プライドを持って働いており、それゆえにぶつかってしまう事が非常に多いです。

私の働いていた施設でも、先輩指導員が、「お前は四大卒なのに何も知らないのか」と難癖を付けられ、耐えて理不尽な事には反発しましたが、結局別の理由で辞職するまで苛め抜かれた事があります。

保育園でも同様で、鈍くさい先生や人の言う事に反論ばかりして我を通そうとする気の強い先生が標的となり、嫌味を言われたり無視をされたり、なかなか保育に協力してもらえなくなっていました。

私の保育園勤務時代の友人保育士も、先輩からの理不尽ないじめや言いがかりに耐えられずに新卒の園を辞めた人がいました。

しかし、私の場合は新卒の職場を辞めたにも関わらずたった1ヶ月で、友人保育士も同様に1ヶ月で次の職場が決まりました。

次の職場はかなり人間関係を重視して選んだので失敗する事はなく、私は人間関係を一からやり直して楽しく1年保育園に勤めました。

こういった例のように、合わない・いじめられた・パワハラされた場合でもすぐに転職をする事が可能なのです。人間関係に悩まずに思いきり仕事に打ち込める職場へ行けるのも、保育士のいい所です。

子どもと一緒にいられる

私の見て来た一般企業から保育士に転身した人達は、皆無類の子ども好きでした。

元々子どもが大好きで、子供服などを取り扱う会社に就職したが、子どもともっと触れ合い、直接的に保育を施したいと保育士を志した人もいました。

保育士は良くも悪くも常に子ども達とは一緒にいられます。

園外行事や設定保育で沢山の思い出を子ども達とも共有できますし、子ども達の成長を間近で見られる上に、自分の指導で子ども達はどんどん発達していきます。

そんな人の人生を創る仕事である保育士に魅力を感じる人が多く、突然一般企業から保育士を目指す人も多いのです。

どこでも働ける

保育士は保育士資格を持っていれば、どこででも働けます。

ブランクや転職の回数もほとんど気にされないのがこの仕事の良い所です。

突然両親が倒れて地元に戻らなければいけなくなった、結婚で違う地域に行く事になっても、保育士資格を持っていればすぐに正社員登用も狙える所に再就職が可能です。

結婚相手の条件に合わせて動く事が出来る、好きな場所で新しい生活を始める事が出来る保育士は持っていればかなり強いと周りからは考えられています。

まとめ

保育士資格は持っていればどこででも活かせる上に、何度転職をしても不利にならない為に一般企業の人達からは人気があります。

一般企業では、転職が多いと警戒されるという難点がありますが、保育士は人手不足や合わない職場はすぐに切り捨てるスタイルの人もいると周知されているのでほとんど問題にされません。

可愛い子ども達に囲まれ、やり甲斐のある仕事が出来る保育士、人気があるのも頷けます。

再就職もしやすい保育士資格、是非とも取得して欲しいと思います。

COMMENT