事業所内保育所ってどんな所?気になる給与や仕事内容を解説!

保育士が働く場所は時代と共に変化して来ています。

現在は、一般の企業が子持ちの母親達が働きやすい様に、出産を控えた社員が復帰をしやすい様にと、企業の中に保育所を作っているのです。

女性の雇用形態が変化し、時代も共働きが主流という風潮が強くなっている今、企業内の保育所での保育士が求められています。

しかも、実は企業付き保育士は場所によってはかなりの高待遇で勤める事が出来る上、働き方を変えながらの終身雇用もしてもらえます。

今回はそんな企業内に設置されている企業付き保育所の保育士について紹介していきます。

給料は?

給料は場所によって違います。

というのも、企業によって景気の違いがありますし、設置している保育所でも人件費削減などを掲げている所は低めの給料設定になっています。

しかし、大体の所が保育士の平均給与と言われている18万円を超えており、嬉しい事に残業代もきっちりと出ます。

企業に付随しているという事で、福利厚生や残業代に関してはきっちりと支払われたり、厚い手当を受ける事が出来るのです。

また、企業内にこうして保育所を設置している位なので、企業自体が子育てには協力的です。

子育て中の保育士への配慮も行ってくれますし、正社員でも時短勤務などを取り入れてくれるので働きやすいと思います。

中小企業となるとなかなか余裕がなく、そういった子育て中の保育士への配慮が足りないと感じる場合もあるかもしれませんが、アルバイトやパートでも時給1,000円以上の所ばかりなので給料的には良いと言えるでしょう。

休みや土日は?

企業付き保育所は基本的に企業の定休日に合わせて休みを取ります。

土日が休みの企業であれば土日、土曜日が開設されている場所であれば平日に保育士同士で交代しながら休む事になります。

ですから、土日に休みが欲しい人は、土日が休みの企業を探してそこに設置されている保育所に就職すればいいでしょう。

有給に関しては、やはり企業の規模や雰囲気にもよりますが、大手になると福利厚生にも力を入れているので有給も取りやすいです。

勤務時間は?

勤務時間は基本的にほとんど残業なしで7時間~8時間の間、パートやアルバイトになると3時間から募集している所もあります。

企業付きの保育所は、働く保護者を応援する為に設置されています。ですから、どちらかと言うと託児所の意味合いが強く、行事も普通の保育所に比べると、どうしても企業の仕事が優先になってしまうので少ないのが特徴です。

その分保育士の仕事が少なく、残業もほとんどありません。壁面や月案は安全かつ子ども達の発達を促す為にも必ず必要なので、持ち帰りになってしまう場合もありますが、普通の保育所の様に日々行事の準備に追われる事は殆どないようです。

正社員?安定してる?

企業付き保育所は、働いている保護者の子どもが対象なので少人数規模での保育を行っている所が多いです。

ですから募集する人数は少ないながらも正社員登用のチャンスは必ずあります。

また、安定性で言えば企業が運営しているので、企業の規模や運営状況次第といった所があります。

企業の成績が思わしくなく、事業を縮小となると、企業付き保育所も解体される事もありえます。

将来の安定性は、保育所単体の所よりも多少は不安定と言わざるを得ないでしょう。

その他、普通の保育園と比べてのメリットやデメリットなど

普通の保育所と比べてのメリットとしては、保育所単体の所よりも福利厚生が充実している事が挙げられます。

基本的に保育所の福利厚生は厚いと決して言えません。現場にお金をなかなか落とせない事もあって、設定保育の準備にかかる費用もかなり切り詰めている所が多いのです。

そんな保育所は人件費もぎりぎりまで削っていますし、現場に余裕もないので有給を取る事も儘なりません。

対して企業付きの保育所は、福利厚生は企業同様に厚く、有給は勿論取れますし、住宅手当や交通費、残業代などもしっかりと支払われます。

また、産休や育休制度が整っていると言えるのも、やはり企業に付いている保育所です。

普通の保育所だと人数の関係で、なかなか産休が取れずそのまま退職する保育士が多いです。

しかし、企業付きになると産休・育休中はアルバイト職員を雇うなどして居場所を確保してくれています。

やはり企業に保育所を作り、働く母親・父親を応援している視線が保育所にも反映されている為、これだけ働きやすい環境が整っていると言えるのです。

デメリットとして挙げられるのは、行事が少ない事や、託児機能が強い事でやりがいがなかなか見つからない事です。

どうしても託児がメインになり、企業の行事や仕事の合間に行事をするというスタンスの所が多いので、なかなか保育参観や細かな親子行事も組めない事があります。

運動会などを開催しない保育所などもあるので、行事などを運営したいという願いがある保育士はなるべく企業付き保育所を避けるか、企業付きの保育所の中でも行事の多い所を選ぶようにしましょう。

COMMENT