オープニング保育園ってどんな所?気になる給与や仕事内容を解説!

開設されたばかりの園、または開設予定の保育園の事を指します。

一般企業で言えば、新設の会社はその先安定して運営していけるのかと危惧されて、避けられる事もあります。

オープニングと言えば、アルバイトならまだしも自分の大切な就職・転職をかけても良いものかと悩むでしょうが、心配は要りません。

寧ろ、人間関係や仕事のやり甲斐で悩む必要のないのがオープニング園の特徴です。

保育業界でのオープニングは、将来も潰れる心配のない安定したものです。

「自分以外の人がやっても同じだ」と思う人は、是非とも一度オープニング園に就職してみてください。

オープニング園の給料

オープニング園は人を集める為に、普通の園よりも多少高く設定されています。

そして、福利厚生も他よりも良くして、良い人材を集めようとしています。

オープニング園も種類によっては全く違いますが、保育士の平均給与の18万円を超えている所ばかりです。

高い所では基本給を20万円に設定している所もありますし、院内保育などの特色のある場所になると、更に高い22万円を基本給に設定している所もあります。

オープニング園を選ぶ際の基準として、なるべく保育士の平均給与の18万以上を条件にしてくれている所を選ぶようにしましょう。

休みや土日は?

休みも施設によって違いますし、保育所であれば土曜日も開設されているので、週休二日は難しく、隔週二日休みになる所が多いです。

院内保育所も同様で、病院スタッフの為に作られた施設なので、土日自体が休みにならない所もあります。

普通の認可保育所の平均的な年休は90日~95(※持ち帰りの仕事や研修もこの中に入っています)とかなり少ない方ですが、オープニング園は場所によって年休を100日取ってくれている所もあるのです。

保育士が集まらなければ、まず保育所を開設する事すら不可能なので、オープニング園はどうしても条件がつり上がるのです。

休みの多い場所で働きたいという人は、休日の日数をオープニングの園から探してみるといいでしょう。

勤務時間は?

勤務時間は基本的に7.5時間~8時間がオーソドックスですが、オープニング園は必ずと言っていい程残業がつきものです。

保育園を運営し始めた場合、とにかくトラブルや事前の準備だけでは不足な物、設備が必ず出てきます。

保護者対応もそうですが、始めたばかりの園は課題が多いので、普通の保育所よりも残業が多いでしょう。

しかし、この残業が多い事、全員で協力して一つの園を作り上げていく過程で、段々と団結して人間関係も非常に安定したものとなります。

オープニング園は全員が初対面の中始まるので、年齢や経験での先輩・後輩はありますが、全員がその後に入って来る保育士の先輩となるのです。

ですから、自然とオープニングスタッフは苦楽を共にした仲間と言う意識が強くなって、団結が強くなります。

人間関係に悩んで園を辞めた人は、オープニング園のようにまっさらな人間関係の所で働くのも一つの手だと思います。

正社員?安定してる?

オープニング園はとにかく長く勤めると言ってくれる存在を求めます。

前述した様に、一から園を作っていく段階なので、園の深い部分まで理解しておく事が求められます。

そして、後から入って来る保育士への指導なども任されるので、なるべく最初からいたスタッフにいて欲しいと園側は思うのです。

ですから、オープニング園では正社員登用前提の求人がよく出されているので、狙うなら正社員登用ありの方を狙った方がいいです。

普通の園では、一年~二年後に正社員とありますが、その決まりが施行されている所は少ないです。

正社員を減らして人件費を削ろうとする園が多く、何年経ってもなかなか正社員登用試験に合格できない人が多いのです。

しかし、オープニング園であれば、最初からいる=古株なので正社員登用も優先的に行って貰えます。

正社員としてばりばり働きたい場合は、オープニング園を目指すといいでしょう。

その他、普通の保育園と比べてのメリットやデメリットなど

オープニング園のメリットとして挙げられるのは、人間関係が安定している所、施設が新しく使いやすい事・備品が原因で子どもが怪我をする確率が低い事、保護者とも一緒に園を作り上げていくイメージなので、保護者とも団結がしやすい事、保育園の根本的な事(※その園の保育の方向性、子どもへの接し方、行事)を決められる事、保育士としてレベルアップできる事が何よりのメリットになります。

対して、デメリットとして挙げられるのは、前述した様に決める事が多い為に残業が多くなる事、持ち帰りの仕事も同様に多い事、一年ですぐに後輩指導の順番が回って来る事、実習生の指導も行わなければいけない事が挙げられます。

オープニング園は二年目から入って来る保育士の指導はオープニングからいる保育士が指導しなければなりませんし、オープンしてからは実習生も受け入れるので、実習生の指導も任されます。

保育士としていきなり一人前として現場で活躍しなければならないのが、多少ブランクがあったり、勤務経験が浅い保育士にはプレッシャーになるでしょう。

しかし、周りの保育士に相談しながら、自分も一緒に成長するつもりで乗り切れば問題ないので、遠慮せずにオープニング園へ挑戦して欲しいと思います。

COMMENT