託児所ってどんな所?気になる給与や仕事内容を解説!

保育所と混同されがちな託児所ですが、保育所とは動きも保育士の役割も大きく違うのです。

また、託児所の特徴として、保育士資格がなくても保育士補助として、保育士と同じ仕事が出来る事が挙げられます。

その為に、人材不足に頭を抱える事はありませんが、資格を持たない人と持つ人で意見が分かれてしまったり、衝突を起す事も少なくはありません。

業務内容は言ってしまえば保育士よりは楽ですが、その分様々な問題もあります。

どんな人が託児所勤務に向いているのか、休日や福利厚生、給料に加えて他の保育所と比べてのメリット・デメリットについて迫っていきます。

給料は?

託児所は誰でも入れると言えば入れます、保育士資格は必須ではないので、持たずに保育補助として働く人も多いです。

ですから、給料にはどうしても差が出て来てしまいます。また、託児所によって営利が重視されている所は、人件費を削るので保育士の給料も低くなってしまいます。

託児所の給与平均は、正社員登用が少ない為に時給として1,000円~が平均と言われています。

託児所とは面白い事に、子どもを預かる施設専門ではないのです。

例えば、保護者がどうしても子どもを見ておく事の出来ない場合に、子どもを一時的に預かってくれる場所も託児所です。

小さな所では、商業施設に併設されている託児所、歯科医院に併設されている託児所などです。

そういった場所では、同じ人に長く勤めて欲しいと正社員登用をする事があり、保育士資格を得ている事が条件として、正社員登用を目指せます。

なるべく大きな規模を持つ場所を探せば、正社員登用のチャンスは広がります。

正社員登用の求人自体は少ないですが、探せば必ずあります。

業務内容は?

業務内容としては、保育士と違い託児の業務がメインとなります。

つまり、子どもを安全に預かる事が大切であり、保育的な指導や発達援助はあまり考える必要もありません。

また、保育所と大きく違うのは、行事を行わない・行事が少ないという事です。

生活発表会は勿論ですが、保育参観も行っている所は少ないです。

普段の保育士を見て貰うというよりかは、他の保護者と保育士の関係性作りに昼食会などを行う事がある程度です。

ですから、なかなか運動会などの大きな行事は行われないので、行事の準備や踊りの振り付け、行事の進行を考える必要も準備もいりません。

持ち帰りの仕事もなく、残業も部屋の模様替えや玩具の入れ替え、掃除・消毒程度で済むので、比較的定時に上がる事が出来ます。

託児所に勤める場合は、どちらかと言うと子ども達のおむつ替えなどの生活援助の技術を求められます。

保育の現場から離れていた人、保育士の資格を取ったばかりの人、子どもと向き合う事に重点を置いている人などには向いているでしょう。

休みや土日は?

託児所の休みはそれぞれの場所で違いますが、日曜日は休みである所が多いです。

また、土曜日も場所によっては休みにしている所もあり、祝日も勿論休みなので、休みの日数は他の保育所と変わりません。

土曜日が休みになると、普通の保育所よりは休みの日数も多くなります。

前述したように、基本的に託児所は保育士資格を持たない人でも働けますが、場に一人保育士を置く様にして、その保育士を中心に動くように配置されるので、保育士資格を持つ人は、平日に休みを取りたくてもなかなか取れない状況になってしまいます。

託児所でも正社員登用はありますが、有給の消化率は上記の事で良いとは言えません。

資格を持つ人が大切にされ、その場を仕切る事が出来るのは大きな魅力ですが、休みの融通が利かなかったり、どうしても責任が重くなってしまうのです。

勤務時間は?

勤務時間もそれぞれの託児所で違い、中には夜間預かりを行っている所もあります。

そういった夜間の保育所は勿論夜間手当がつくので、給料は上乗せされます。

アルバイトやパートでも、普通の勤務給に+100円~500円追加される所が多いので、アルバイトやパートながらも沢山稼ぎたいという人は、夜間もやっている託児所に行くと良いでしょう。

夜間の託児所は、なかなか地方では見つける事が出来ません。

夜間託児は都心部や、繁華街の傍などに併設されている場合が多いです。

勿論そういった所は昼間も託児を行っているので、夜勤が辛くなったりした場合は昼のスタッフに変えてもらう事も可能です。

出来れば慣れた場所で長く続けたい人が多いでしょうから、こういった時間帯を変えれば働き続ける事の出来る場所は魅力的だと思います。

正社員?安定してる?

託児所は、保育士資格を持たなくても就職できる事で分かるように、かなりハードルは低いです。

普通の保育所は保育資格を有している事、保育・児童福祉に精通している事、勉強を重ねて頑張っていける事が挙げられます。

しかし、託児所は子どもを預かる事、子どもの世話をする事が主になるので、どうしても物足りない、先進的・専門的な保育に触れていたいという人はなかなか寄り付きません。

そういった理由から、資格を持った保育士はかなり重宝される為、突然クビになったりする心配はありません。

また、現在も深刻な問題となっている待機児童問題が続く限り、託児所は保護者達にはかなり重宝される場なので、これからも問題なく続いていく仕事だと言えます。

そして、保育所と大きく違うのが、保護者が働いていなくても子どもを預けられる所です。

保育所は保護者が働いているか、子どもを保育できない疾患を持っているかでないと預ける事が出来ません。

しかし、託児所はどんな保護者の子どもでも預かるので、預けたいという保護者が殺到します。

大きな事故を起こさない限りはクビにもなりませんし、施設が潰れる心配もないので、将来性は十分あります。

その他、普通の保育園と比べてのメリットやデメリットなど

普通の保育所と比べた時のメリットとしては、やはり行事が少ないので業務内容も少なくなっている事、そしてほぼ定時に上がれる事、子どものオムツ替えなどの技術的な面が上達する事などが挙げられます。

また、人数も少人数制の所が多いので、子ども達とゆっくり向き合う事が出来ます。

それに加えて、試したい保育がある場合は、すぐに試させて貰えるのも魅力です。

明確な保育法を取り入れていないからこそ、柔軟に良い保育を取り入れる姿勢を持つ託児所では、保育士が自主的に試したい保育法をどんどん実践させてくれます。

ですから、なかなか自分の思った保育をさせて貰えなかった人は、託児所で自分の保育を試し改善して、自分の保育観を磨くチャンスとなります。

デメリットとしては、どうしても給与が低い所からスタートする事、正社員登用の枠が少ない事、自分が向上心を持たなければ単調な預かり作業となってしまう事です。

一般的な私立の保育所の平均給与は18万ですが、時給1,000円でそれに追いつく事はなかなか難しいです。

アルバイトやパート始まりの場合、社会保障を付けて貰えない事もあるので、労働条件としてはかなり厳しいものでしょう。

最初から正社員登用を目指し、正社員登用をしてくれる場所へと就職を希望する事が改善法です。

そして、なかなか託児所は毎日同じ作業の繰り返しになりがちです。

ですから、一週間の間に自分で考えて設定保育を入れたり、散歩をしたりと、自由に出来る事を利用して、子どもが楽しめる保育の組み立てを行う事で、保育の作業化を避ける事が出来ます。

COMMENT