学童保育ってどんな所?気になる給与や仕事内容を解説!

共働き家庭が最近ではどんどん増えており、保育園に子どもを預けていた延長で働き続ける保護者も少なくはありません。

また、小学生に進級した為に働きに出たいと社会への関わりを求める保護者も多いです。

片親家庭では、自分がしっかりと働かなければと、働きに出ている保護者がほとんどなので、そういった家庭の代わりに就学した子どもを預かる施設があります。

それが学童保育です。学童保育はあまり知られていませんが、保育士資格を持っていると優遇されたり、資格手当が貰える仕事です。

今回はそんな学童保育について紹介していきます。

学童保育の仕事内容は?

学童保育の仕事内容は、小学校から帰って来た子ども達を見守る事が主な業務となります。

また、最近では土曜日に仕事がある保護者へ対応する為に、土曜日も開園している学童が増えています。

しかし、やる事は同じで、大体の事は子ども達が自分で出来るので、見守るのが役割なのです。

大体の流れとしては、学校から帰って来た子ども達を受け入れ、おやつと宿題を済ませて外遊びや室内遊びを把握するのです。

子ども達と関係性を作る為に、把握をしつつも一緒に遊んで信頼関係を築いていきます。

休みや土日は?

前述したように、土曜日も仕事となってしまう場合があるので、土曜日に休みは取れない事が多いです。

パート職員などは家庭を持っている人が多いので、土曜日に正社員や嘱託職員はなかなか休めません。ですから、土日にどうしても休みが連続で欲しい人は、パート職員として就職するか、人数が多い学童保育に就職して事情を説明し土日休み契約で入る事をオススメします。

大体日曜日と、平日一日の休みで週休二日制度を取っている人が多いです。

経営が厳しく保育士を雇えない所などでは、隔週2日の休みを取っている所があるので、自分の体調に合った所を選ぶ事が大切です。

勤務時間は?

勤務時間は朝は9時~10時の間に出勤し、18時まで勤務する、休憩を挟んだ実働7.5時間が主となっています。

施設と違って子ども達は必ず家に帰るので、夜勤などはありません。

主に午前中は書類整理や子ども達の遊び場の整備、掃除で過ぎていきます。

行事の前は行事の準備に追われ、おやつの準備・買い出しもあります。

定められたお金の中で上手にやりくりをする事も求められるので、事務的な能力も必要となってきます。

正社員?安定してる?

正社員登用もありますが、なかなか学童保育は正社員登用の機会がなく、嘱託職員や契約社員、パート職員などで構成されている場合が多いです。

正社員を起用しなくても、手のかからない小学生を預かる業務なのでどうしても正社員よりも安い賃金で手軽に雇えるパートやアルバイトが主になっているのです。

安定性で言えば、共働き家庭が増えている現代に求められている仕事なので、絶対に必要であり、将来も必要とされ続ける仕事ではあります。

しかし、上記でも書いたように、どうしても無資格・正社員以外が活躍する場となってしまっているので、仕事を見つける事自体が難しいでしょう。

一度見つけて就職すれば、業務的にも結婚した後も続けられる仕事ですし、産休中も他のパートやアルバイトに助けてもらい在籍する事が可能なので、定年まで働き続ける事も可能です。

パートやアルバイトは年齢がある程度いった人も多いので、何歳になっても就職できるのは良い所と言えます。

その他、普通の保育園と比べてのメリットやデメリットなど

普通の保育園から転職する場合は、年齢層がガラッと変わってしまうので、保育園で培うスキルはなかなか活きません。

ピアノが弾けても披露する場があまりないので、なかなか保育士を感じる仕事がありません。

子ども達が自分で何でも出来るので、あまり手助けをしない事で物足りなさを感じる事もあるようです。

また、学業的なアドバイスを行う時もあるので、小学生の授業内容はしっかりと頭に入れておかなければいけません。

メリットとして挙げられるのは、日勤なので体力的に何歳まででも続けられる事です。

また、日勤ですが午前中は自分の書類仕事などを行えるので、残業をする事自体が少なくて済みます。

子ども達も手がかからないので、保育園で働くよりも楽だと感じる事が多いです。

対して、デメリットとして挙げられるのは、発達障害を持つ子ども達にも自分で対応を行わなければならない事です。

現在は気になる子どもと名付けられ、診断が下りるようにはなりましたが、まだまだサポート体制は整っていません。

学童も余裕がない為に、発達障害を持つ子ども達へ加配の指導員を付けるのも難しく、保育士の中にも正しい接し方を学んでいる人も少ないです。

その為、子どもの精神が落ち着かずに他の子どもとよくトラブルになってしまったり、保育士と衝突する場合もあります。

子どもの年齢が高い為に、怪我をする危険もあるので、危険と隣り合わせである事をしっかりと頭に入れておきましょう。

常に子ども達の変化と共に、勉強が必要な職業でもあるので、その勉強が大変であるというのがデメリットとしても挙げられます。

COMMENT