新設の保育所は狙い目だって本当?その理由とは

一般企業では、軌道に乗るまでは新設の会社は危険だと敬遠されがちです。

しかし、保育士業界では新卒の園は大人気で、勤めていた園を辞めてわざわざ新設の園へと転職をする人がいる程なのです。

何故新設の保育所は狙い目求人だと言われているのか、今回はその新設保育所の実態について紹介していきます。

現在の状況から廃園の危険が少ない

新設の会社が危ぶまれる理由としては、そのまま事業が軌道に乗らずに倒産してしまう可能性がある為です。

しかし、現在保育所はご存知の通り待機児童が出る程に不足しています。

無認可の保育所でも、認可保育所に入れなかった保護者が殺到するので、すぐに定員まで埋まってしまいます。

ですから、経営自体は問題なく進むので、廃園の心配はありません。

余程大きな死亡事故などを起さない限りは次の園児も入って来るので、経営が苦しくなる事も少ないでしょう。

人間関係をまっさらな状態でスタート出来る

一番の理由として保育士から挙げられているのは、人間関係です。

系列園があるとしても、そこから引っ張って来るのは一人~二人程度なので、元から全員が見知らぬ他人同士の状態から始まります。

保育経験に差があっても、全員が同じスタートなのでいじめや仲間外れも起きにくいです。

また、保育経験が上の人を敬うのは勿論ですが、先輩となるのはその人達だけで、後は園に入って来た後輩になります。

ですから、新人いびりなども起きませんし、もしも起こったとしてもオープニングスタッフとして毅然と同僚に注意できる立場なのです。

自分で保育園の人間関係を形成し、改善していく立場になれる事も魅力の一つです。

行事を自分達で取り仕切れる

系列園があったとしても、行事はその園の特色を出す事が求められます。

ですから、行事は自分達で好きに構成する事が出来ます。どうしても歴史の長い園になればなるだけ伝統を重んじる事を求められ、保育士の意見は受け入れられづらくなっています。

しかし、新設園となると行事も初めての試みになるので、好きに構成して自分達で後の行事の基盤となる部分を作る事が出来ます。

自分の考えた事がはっきりと反映され、後に伝えられていくと考えるとやりがいも各段に違います。

最初は高めに給料設定をしている園が多い

新設園はトラブルも勿論多く、ルールを作っていかなければならないので最初の方は問題だらけになる事が多いです。

その対応の為に残業をしたり、話し合いを繰り返して研修に参加したりと様々な努力が求められます。

そいった事を見越して、最初から保育士の給料を高く設定しているのです。

オープニングスタッフを集める為に高く設定しているという理由もありますが、認可保育所、無認可保育所よりも保育士の給料は高い所が多いです。

また、福利厚生も良くして注目を集める園もあるので、新設園を選ぶ場合には給料だけではなく、福利厚生にも目を向けておきましょう。

園の中には住宅手当を全額負担してくれたり、有給消化100%を目指しているという園もあるので、そういった特典についてもチェックが必要です。

施設が新しく便利

運営が長い園になると、増設を繰り返して園舎を大きくしていく為に、利便性はあまり重視されません。

営利目的の園は勿論ですが、保育士に対してしっかりとした給料や福利厚生を与えてくれる園でも、どうしても使える物は使う精神が先行してしまって古い施設や道具を使い続ける事になります。

当然型が古くて使いにくい物も多いですが、運営をしていく為には切り詰めるしかありません。

しかし、新設園では基本的にその時の最新鋭の道具や施設が用意されます。

例えばパソコンの型が新しいだけでも、使えるソフトが増えたり、動きが軽くなってフリーズなどの無駄な時間を過ごさなくて良くなります。

また、保育の際に使う導線も新設園だとしっかり確保されているので、古い園舎で不便な導線に苦労する事もありません。

施設が原因の子どもの怪我も防止できるので、保育にとっても大きなメリットと言えます。

保護者とも関係を作りやすい

古い園では、やはりベテランの保育士があてにされて、新人の保育士は嫌がられる事もあります。

しかし、新設園は全員が同じ時期にスタートするので、保護者との関係性も作りやすいというメリットがあります。

保護者トラブルが起きたとしても、その園では初めてのトラブルになるので、保育士全員で対応を話し合ったり、対応を変えて貰ったりと園側の配慮も期待できます。

COMMENT