公務員保育士に折角なったのに、人間関係で悩んだらどうするべきか?

公務員保育士は、毎年給与が昇給していく、福利厚生も充実している、何よりも産休・育休は必ず取れるので定年まで働ける事で人気があります。

なるまでも大変で、倍率はどこの自治体でも非常に高いです。

しかし、折角その狭き門を突破し、どうにか公務員保育士になっても、辞めたいと思う人は後を絶ちません。

自治体が募集をかけるという事は、それだけ欠員が出ているという事なのです。

今回はそんな公務員保育士になれたのに、人間関係で悩んでいる人がどうするべきなのかを紹介していきます。

異動願いを出す

公務員保育士のメリットともデメリットとも言えるのが、転勤がある事です。

提携の姉妹園がある所以外では、保育士に転勤はほとんどあり得ません。

しかし、公務員保育士は自治体が運営している保育施設全てが働く対象なので、転勤があるのです。

人間関係に悩んでしまった場合は、自ら異動を志願する方法もあります。

公務員保育士は試験が大変なので、また違う自治体で受け直そうと思っても、年齢制限もあってなかなか合格する事が出来ません。

合格して働いているのなら、その立場を大切にするべきです。

上司に相談し、それでも人間関係が改善されないようであれば、自分が働く場所を変えるといいでしょう。

また、公務員は他の職種と違って、福利厚生に力を入れていますし、働きやすい環境作りを率先して行っています。

相談窓口も必ず用意されているので、まずは周りの力を借りて解決を行います。

公務員保育士になって、人間関係で悩んでもすぐに辞める事を視野には入れなくて大丈夫です。

辞職しても好条件の園は多い

どうしても異動が叶わない事や、保育園の悪い所なのですが、上層部が人間関係を改善しようとしない限り、人間関係が好転する事は難しいです。

そこで、自分が園を変えるという選択肢も出てきます。

公務員保育士の魅力としては、福利厚生が充実している上に、定年まで勤め上げるまでのサポート体制が整っています。

しかし、私立の認可保育所でも処遇改善をどんどん進めている園はあり、多少の条件に目を瞑る事で高給、福利厚生、休日などの何かしらの好条件の園に就職する事が出来ます。

公務員保育士を辞職しても、保育士として充実した生活を送る事は可能なので、何か一つどうしても叶えたい条件以外には妥協して転職を行う事も選択肢の一つです。

公務員保育士の倍率が低い所に受け直す

公務員保育士と言っても、地域によっては全く人が来ない所もあります。

そういった地域を狙って再び公務員試験を受け、転職するのも一つの手です。

公務員向けの勉強は付け焼刃ではどうしようもありませんから、勉強をしている事自体が強みです。

また、前に公務員保育士をしていたという事が面接でも活きるので、他の受験者よりも有利である事は確かです。

年齢制限はありますが、それまでならば何度受けても問題ないので、試してみるのはどうでしょうか。

臨時職員からもう一度公務員保育士を目指す

最近、保育士の間ではとある働き方が人気になっています。

それが、派遣保育士です。派遣保育士は、派遣という期限のある働き方です。

派遣切りなど、一般企業では良く思われていない働き方ですが、保育士の場合は違います。

保育士は次の職場もすぐに見つかりますし、派遣で働く事で自分に合わない園で無理をして働く必要がないのです。

辞職するのは気が引けるし、自分で園長に話すのが嫌だという人は多いですが、派遣保育士の場合は延長を断るだけで済みます。

また、働いてみて人間関係が安定した園であれば、契約社員や正社員を目指してその園で働き続ければいいので、保育園の内情を知る事の出来る有効的な働き方だと言われています。

それと似たような形で、公務員保育士の働く保育施設にいきなり空きが出てしまった場合、臨時の職員が募集されます。

その臨時の職員に滑り込んで、園の内情や人間関係を把握し、良い園である場合は正規社員になれるように自治体の試験を受ければいいのです。

臨時職員は試験などもほとんどありませんし、面接や質疑で合格する事が出来るので、転職を考えている人はそのまま臨時職員へと滑り込むのもお勧めです。

COMMENT