保育士の給与は上がらないって本当?何故給与が上がらないか

保育士は業務が忙しい、残業が多い、臨機応変な対応で朝から夜まで居残り出勤を突然しなければならないと、非常に自分の時間を確保する事すら難しい激務な仕事です。

しかし、その割にその仕事が評価されてはおらず、給与は他の業種よりも低く、そして昇進や昇給もかなり遅いです。

今回は何故保育士の給与は上がらないのか、上がる可能性はないのか、保育士の給与事情に突っ込んでいきます。

給与が上がらないのは本当

給与がなかなか上がらないというのは本当ですし、この先も上がるかどうかは微妙な所です。

給与が上がらない理由はいくつかあるのですが、最初に挙げられるのが保育園の運営形態です。

認可保育所は、保護者からの保育料に加えて自治体からの補助金が出ています。

この時点で、無認可保育所よりも運営は楽になっている筈ですが、何故給与が上がらないのでしょうか?

それは、保育園が利益を追求し過ぎている所があるからです。

保育士は認可の場合、保護者から貰う保育料は定められていますし、無認可保育所よりも安いです。

しかし、その薄利の中でどうにか儲けようとした結果、保育士の給与をギリギリまで削って昇給をしないという所に辿り着いてしまいます。

この運営形態は家族経営の場合はずっと続くでしょうし、昇給は望めません。

そういう場合はもう諦めて別の園に転職するのが良いと思います。

家族経営は親族がトップに立ち続けるので、なかなか運営形態は改善されません。

無認可保育所が増えているのもある

保護者達は必死に保育料も安く安全性の高い認可保育所にわが子を入れたいと必死になります。

しかし、認可保育所はなかなか増えませんし、保育所自体が見つからずに待機児童は現在も存在しています。

そこで、無認可の保育所がどんどん増えているのですが、無認可は自治体から補助金が出ないので、高い保育料を保護者から貰ってようやく運営が出来ています。

そういった理由から、経営自体が大変なのに、そこからまた営利を出そうとする為に保育士の給与は上がらないのです。

歴史の流れを汲んでいる

保育所の歴史は遡ると、託児から始まります。

当時、託児は子どもを預かるだけで、設定保育を始めとする子どもの発達を援助するという概念はありませんでした。

そして、社会からは「子どもを預かるだけ」と、楽な職業だと思われていました。

ですから、給料は低く設定されてしまい、その流れが現在も続いてしまっているのです。

最近では保育士や保育士の養成学校の人達が声を上げ、保育士の処遇改善に取り組んでいます。

しかし、ようやく保育士の過酷さを周りに知ってもらう事が出来た程度しか問題は進展していません。

保育士の処遇が改善されるには、ここから更に長い時間がかかると予想されます。

現在、潜在保育士と呼ばれる、保育士資格を所有しながら保育士にならない人を復帰させようと、各自治体が保育士確保に乗り出しています。

各自治体が独自基準を作り出し、その条件を満たしている園へ補助金を出しているのです。

そうして補助金をどんどん出す事で、保育士の昇給に繋げようとする狙いがありますが、上記の様に営利目的な園では結局上層部の儲けとなってしまい、現場に立って苦労する保育士に還元されないのです。

昇給を狙うには

昇給を狙うには、元から昇給が必ず約束されている場所に就職するか、転職を行ってどんどん昇給させていくしか方法はありません。

昇給が約束されるとなると、やはり確実なのは公務員保育士です。しかし、公務員保育士になるには狭き門を突破する事が求められますし、ネックとなるのは年齢制限です。

どこの自治体も必ず年齢制限を行っており、一定の年齢に達してしまうと試験すら受けられません。

やはり現実的なのは、昇給を狙って条件の良い園に転職する方法です。

給与の良い保育園に転職する為に、現場で保育のスキルを身に付けて転職をすれば誰でも昇給する事が可能です。

昇給して福利厚生も上がるのが一番の理想ですが、残念ながら保育士の間で自由に有給を取れる程現場に余裕のある園はなかなかないので、多少福利厚生の悪さや、その園の暗黙のルールを守って我慢しなければいけない部分も出てきます。

給与を上げたいと思った場合、まずは自分の働く園より好条件な園を選んで、その後は転職サイトのコンシェルジュを介して条件交渉を行い、段々と条件を上げていくしか方法はありません。

COMMENT