保育士のピアノのオススメの練習方法は?

保育士が避けて通れない道、それがこのピアノです。

ピアノは弾けないとなると、正担任として活躍する事も出来ませんし、まず面接で実技が行われる事もある為に合格する事すら出来ません。

今回はそんな避けて通れない、保育士のピアノの効率的な練習方法を紹介していきます。

ピアノが苦手な人でも、上達する方法なので是非とも試してください。

まずは楽譜を読む練習から

最初にするのは、楽譜を読む練習です。

保育園ごとに、使っているピアノ教材の本は違いますし、知らない曲を設定保育や行事で使うからと弾かされる事も少なくはありません。

ですから、どんな楽譜・楽曲にも対応出来るように、楽譜が読める事は保育士として必須条件となります。

中には絶対音感の持ち主で、曲を聞けばピアノで弾く事が出来るという人もいますが、保育園で使われる楽曲が必ずCDに収められてはいません。

楽譜を読む事で自力でリズムを見つけ出さなければいけない時、この耳コピーは意味がありません。

楽譜を読むには、入門本を使うのが一番です。楽譜を読む練習だけにピアノ教室に通う必要はありません。

楽器屋、本屋、ネット通販で楽譜の読み方入門を読めばすぐに楽譜を理解する事が出来ます。

指の練習

楽譜によっては左右の手をかなり伸ばして鍵盤を網羅しなければいけないので、指の動きはかなり大切になります。

ピアノが弾けるだけではなくて、指を自在に操る練習を毎日しなければいけません。

指を使う練習としては、普通の楽曲では足りません。普通の楽曲はよほど難しい楽譜でない限りは、簡単に弾けてしまいます。

難しい楽曲をやろうと思っても、日々の業務や勉強に合わせて練習を継続するのは大変でしょう。

そこで役に立つのが、指の練習目的で作られたバイエル教本です。

バイエル教本はピアノの基礎の本です。この教本をやり込めば、指が動いてどんな楽曲にも対応できますし、自分で楽譜を読みながら進めなければいけないので楽譜を読む練習にもなります。

他の保育士に聞いて貰う

ピアノの上手な人、またはベテランの保育士にレッスンしてもらうのも良い手です。

ピアノ教室に通うと、確かに効果は期待できますが、出費が痛いと感じる人が多いでしょう。

保育士の薄給の中からやりくりして、毎月高額なピアノ教室の代金を捻出するのは大変だと思います。

それに、保育士のピアノが弾けるというのは、暗黙の了解で弾き語りレベルです。

保育士が率先して歌う事で子ども達の手本とならなければいけませんが、ピアノ教室ではどうしてもピアノを弾ける事、つまり技術面に拘りがちになってしまいます。

弾き語りレッスンを元からしてくれているピアノ教室であればいいですが、普通の教室ではピアノが弾ける以上には何も期待が出来ません。

そこで、現場を知り尽くしているベテランの保育士へ弾き語りを見せ、指導を受けるのです。

人に聞かせるという場を強制的に作る事で、気持ちも練習する方向に向ける事が出来ますし、練習しながら現場で通用するピアノ技術を同時に取得できます。

週末にまとめて練習しようとしない!

保育士は普段の業務が忙しいので、どうしても仕事を週末に持ち越す人が増えてしまっています。

しかし、ピアノの練習だけは、週末にがっつりと時間を取ってもどうにかなるものではありません。ピアノはどうしても毎日の練習が重要になる分野です。

毎日バイエルを見開き一ページ分を弾き込む、または10分~20分の練習時間を取ってバイエルを進める事が上達に繋がります。

週末に3時間~4時間など、平日の分も取り返そうと長い時間練習しても、また一週間時間が空いてしまっては意味がありません。

どれだけ忙しくても、毎日10分程度ならピアノを弾く事も出来るでしょうから、毎日必ず続けてください。

右手→左手→一緒に

最初から両手で弾こうとしても、絶対に成功しませんし、全く前に進まないので余計にストレスが溜まってしまいます。

ピアノはまず楽譜を読んだら右手から練習します、右手はメロディーなので、この時に歌も同時に練習しておくようにしましょう。

そして、次に左手です。左手だけを練習すると、どうしてもリズムが取りにくくなってしまうので、この時も歌詞を口ずさみながらリズムを取る練習をしましょう。

そして、両方の手の練習を終えてから、両手で合わせる練習を始めます。

この時、どうしても和音が難しい場合、右手の場合は一番上に書かれている音符、左手の場合は一番下に書かれている音符単音で練習するとやりやすくなります。

和音の場合は前述した通りの位置がメインの音になるので、まだ両手で弾き慣れていないという人はその練習方法で頑張ってください。

COMMENT