施設の一日の流れとはどんなもの?

児童福祉施設でも、24時間子ども達がいる施設の内情はなかなか知る事が出来ません。

ボランティアに参加すれば内情も知れては来ますが、実際夜勤中に職員はどんな事をしいているのか、仮眠などは取れるのか、そういった事を伝えていこうと思います。

施設は保育士でも高給取りに分類され、人数が少ない所では昇進のしやすさもあります。

仕事内容を知って、是非とも就職・転職の選択肢に入れて欲しい仕事です。

6:00 起床

施設の朝は早く、この時間から起きて身支度が始まります。

保育士は子ども達の起床を促し、歯磨きやトイレの介助が必要な子どもの介助を行います。

朝食を摂らせた後は順次登校です。

登校途中で脱走の可能性のある子どもは、保育士が車で学校まで送り届けます。

子どもが全員登校して行ったら、夜勤者は夜勤の間の日誌を書き、仕事を終えます。

日勤者は部屋の掃除、自分の業務を行います。

また、午後からは子どもが帰って来てなかなか休憩を取れるタイミングが見つからなくなってしまうので、先に休憩を取ってしまう事もあります。

14:00 帰宅

子ども達が順次帰ってきます。

まずは子ども達の連絡帳を見て、連絡事項を各ケース担当へと伝えます。

そして、その日出た学校での洗い物を洗濯してしまいます。

宿題がある子には先に宿題をさせて、その後におやつへと誘導します。

17:00 高校生など帰宅

今度は高校生や中学生などの年齢が高い子達の帰宅です。

保育士の業務は上記と同じですが、高校生は自分の口で「明日○があるから〇を用意しておいて」と言われる事があるので、メモをして持たせてあげなければいけません。

小学生も同様で、お便りや連絡帳に書かれた必要な物を持たせる準備を行います。

そして、学校の準備・片付けに並行して子ども達はお風呂に順番に入っていきます。

他の保育士と協力しながら、入浴介助を行います。

入浴介助は、小さな子どもは髪や体の洗い方を教えるだけではなく、虐待やネグレクトで社会性が欠如した中学生や高校生にも教えなければいけません。

18:00 夕食

夕食は基本的に保育士も一緒に食べながら子ども達の指導をします。

お箸の持ち方から始まって、おかずばかりやご飯ばかりを食べるのではなくバランスよく食べる事、好き嫌いをしない事を伝えます。

夕食を食べた量で、子ども達の体調や精神的な変化を察知し、注意して様子を見ます。

必要に応じて看護師に相談する事も必要です。

20:00 余暇

子ども達の唯一の息抜きの時間です。

ゆっくりとさせてあげる為に、保育士から干渉を行ったり仕事を手伝わせる事はしないようにします。

また、小学生は2030分には就寝になるので、就寝準備を手伝って、就寝を促します。

基本的にそっと見守る程度で、傍について寝かしつけは特別な事情がない限りは行いません。

30分に一回見回りをしつつ、明日の子ども達の学校へ行く準備を行います。

また、子ども達が全員寝た後には、食堂などの掃除や消毒を行います。

その後は自分の仕事をしつつ、30分に1回の巡回を欠かさずに行います。

休憩時間の間に仮眠を取る事も出来ます。休憩時間はそれぞれの施設での働いている時間に応じて与えられます。

しかし、実際夜中に脱走は良くありますし、夜中に子ども達の中には急に体調を崩す子どももいます。

そういった子どもの対応を求められるので、なかなかゆっくりは眠れません。

休日は?

では、学校がない休日はどんな流れになるのでしょうか。

まずは朝食を摂った後には部屋の掃除を全員で行います。

自分の身のまわりの整頓を見に付ける、協力しながら分担して掃除を行う事で社会性を見に付ける事も目的です。

その後は外遊びの時間なども設けます。外遊びは特に脱走やトラブルが起きやすいので、保育士は注意して把握しておく事が必要です。

障害児施設では夜中にパニックを起こす子どもも

障害児施設に多いのですが、夜中に突然パニックを起こして錯乱する子もいます。

そういった子どもの抑止を一人ないしは二人で行わなければいけないので、怖いと感じる事もあります。

しかし、そういった子どもがいる時は加配をしてもらったり、不安な場合は夜勤を外して貰う事も出来るので、一人で抱え込む必要はありません。

何が起こるか分からないので、柔軟に対応出来るように日ごろから様々な保育士と子どもの触れ合い方を知っておくようにしましょう。

まとめ

ボランティアに入っても、日中の動きのみしか知る機会はないので、夜間や夕方の動きを知る事で就職・転職のハードルも低くなったと思います。

施設職員は子ども達の気持ちに寄り添う事が一番大切になります。

土日には保護者との面会が行われる事もありますが、その際に保護者と子どもが円滑な関係を作れるように、仲介を行う事も必要となってきます。

また、保護者が再び子どもを引き取れる自信を取り戻せるように声掛けを行ったり、相談に乗る事も求められるので、カウンセリングの資格を取っておくと働きやすいと思います。

COMMENT