保育園の一日の流れとはどんなもの?

保育士は激務だと言われ、敬遠する人も多いですが、実際どんな一日の流れになっているかは知らない人が多いでしょう。

園ごとに一日の流れは違うので、他園の流れを知る機会も少ないと思うので、今回はどんな園があるのか知る為にも保育園の一日の流れを紹介していきます。

7:00 登園

受け入れだけでもやる事は沢山あります。

まずは子ども達の目を見ながら挨拶をし、怪我がないかなどを確認します。

怪我があった場合は保護者に怪我の理由や留意点を聞き出し、情報を共有します。

そして、2歳までは体調が変わりやすいので朝一番で検温を行います。

3歳からは相手の目を見ながらしっかりと挨拶する練習をしなければいけないので、保育士も誤魔化そうとする子どもの指導を行います。

8:00~8:30 おやつ・室内遊び・外遊び

8時になったらそれぞれのクラスでの受け入れが始まります。(※開園時は保育士は少ないので年齢関係なく一つのクラスで集めている事が多いです)

そして、大体8時をめどにそれぞれのクラスに戻り、室内遊びが始まります。

0歳~2歳児までのクラスでは、朝のおやつが行われます。

朝ご飯を食べていない子どもはちょっと多めにおやつを与えます。

3歳~5歳児は、体力が有り余っているので、大体830分になったら外遊びを開始します。

夏でも冬でも水分補給は大切なので、外に出る前に必ずお茶を一杯飲ませてから連れて行きます。

外遊びは遊具を使ったり、子ども同士で鬼ごっこなどをして自由に過ごします。

保育士は子ども達の把握をしつつ、溶け込めない子どもに声を掛けて遊びに混ざれるように働きかけます。

乳児クラスは体力を考えて、大体9時頃から外遊びを開始します。

特に0歳児クラスは夏は熱中症、冬は風邪などが心配されるので、大体30分程お外遊びして部屋に戻ります。

11:00~11:30配膳準備

乳児クラスは11時頃から昼食の準備を始めます。

遅くても11:30までには食べ始め、お昼寝を3時間程度確保するようにしています。

幼児クラスは11:30から保育士が配膳の準備を始めます。

子ども達に手伝って貰う所もありますが、保育士だけで終わらせてしまう事もあります。

アレルギーの子ども達の配膳などには特に注意が必要です。

乳児などでは、子ども達に食事を食べさせる事がありますが、感染症やアレルギーの面から絶対に同じスプーンで子ども達に食べさせないように注意しなければいけません。

12:00 幼児クラスは食事開始、乳児は子どもを寝かせて雑務

幼児クラスは食事を始めます。

生活のリズムを作るのが保育園の役割なので、この時間をすぎないように、保育士は準備を手際よく行う必要があります。

乳児クラスはお昼寝の把握をしつつ、連絡帳を書きます。

行事が近い時は行事の準備を行いますし、お昼寝の時間の間も保育士の仕事は山積みです。

13:00 設定保育

幼児クラスは設定保育の時間です。(※乳児は午前中やお昼寝後に短い時間で行います)

大体幼児クラスは1時間~1時間半かけて設定保育を行います。

内容は日によって違いますが、ぬり絵で線を意識した色塗りを身に付けたり、色合いを意識出来るようになる事を目指したり、紙コップなどの身近な物を使って、玩具や季節に合った装飾を作ります。

単発で行う事もあれば、数日かけて壮大な作品を作る事もあります。

保育士はこの設定保育が終わってから、その日の子ども達の反応や反省を書かなければいけません。

15:00 おやつ

おやつを食べます。おやつは時々設定保育で作ったお菓子を食べます。

おやつを食べてからは、再び1時間程度外遊びを行って、その後室内遊びで保護者のお迎えを待ちます。

お迎えの際に、子どもの一日の様子や気になる点を伝えます。

保護者から相談を受けるのも大体仕事が終わって時間の空いているこの降園の時です。

18:00 延長保育開始

延長保育の始まりです。

夜間保育まで行う園では食事を摂る事もありますが、19時程で園を閉める所はおやつを食べさせます。

延長保育に付き合う保育士以外は、保育室の簡単な清掃、日誌、クラスだより製作、部屋の模様・配置・玩具変え、設定保育の提案、実際に設定保育を主任保育士に確認して貰うなどの仕事があるのでなかなか帰れません。

せめて家で仕事をしなくて良い様に、自分の仕事をどんどん終わらせておきましょう。

まとめ

保育士は確かに一日の流れを見ても忙しく、休む暇が殆どありません。

しかし、子ども達の発達に寄り添い、一日の大半を子ども達と過ごすので、子ども達の成長を見る事がやり甲斐に繋がる仕事です。

子ども達の成長が保育士の何よりのモチベーションとなります。

上記のような流れに準じているのが保育園ですから、自分に合っていると感じたり、日勤で働きたいという人には向いていると思います。

COMMENT