保育園の先輩と上手くいかない場合はどうしたらいい?

人に何かを教える時は、下調べをして自信を付ける事が必要です。

保育も同じで、自分なりに様々な現場や体験を通して保育のスキルを身に付け、独自の保育観という保育の考え方を持ちます。

しかし、その保育観が原因で他の先輩と衝突する事もあります。

それ以外にも、何か合わない所があって、同僚や後輩なら強気に出れますが、先輩となると自分の考えを押しつける訳にはいきません。

今回は、そんな先輩保育士と上手く行かない場合の対処法を紹介していきます。

自分の行動を見直す

何故先輩とぶつかってしまうのか、どんな時にぶつかる事が多いのか、注意を受けるのかをまずは整理してください。

例えば、設定保育中によく注意を受ける、トイレ介助、外遊びなど、注意された内容を文章にしてみましょう。

自分に問題がある場合は勿論改善する事が必要ですが、もしも自分に非がないのではと感じるならば、他の先輩保育士に話を聞いてみて、第三者の意見を貰うと自分の保育を客観的に見る事が出来ます。

そして、その客観的な視線で見る事で、先輩がどんな保育を展開したいのかという姿が見えてきます。

その先輩の保育観を理解して、歩み寄るのも仲良くやっていく秘訣です。

難癖を付けられたら

難癖としか思えない注意を受け、半ばいじめに近い扱いを受ける事もあります。

実際、保育士の世界は昇進や昇給は資格を持っている人が優先なので、保育士で研修を

受けたり資格を持った人が、どんどん成り上がる事もあります。

また、親族経営で、経験も浅く重要ポストに就くと、当然周りからはよく思われません。

そういった理由でいじめが始まり、自分のせいではないのに難癖を付けられてしまう事があるのです。

そういった場合、一拗れた人間関係をやり直すのは難しいです。

自分が重要ポストになってしまっている場合は、なかなか辞める事は難しいと思うので、その先輩達に自分の保育を指導してもらい、一生懸命勉強するしかありません。

そうして地道に認められる日を待つしかないですが、自分が特に重要ポストにも就いておらず、いつ辞めても問題ない場合は転職を視野に入れるのも悪くないでしょう。

人間関係の悪い保育園は、なかなか改善されません。

ですから辞職者が後を絶たず、新しく人が来ても同じような理由で辞めてしまいます。

上層部がそういった新人に理不尽にきつく当たる園は、園長や副園長がその体制自体を改善しない限り人間関係が良くなる事はありません。

しかし、慣れている人に辞めて欲しくない事が先走って、つい園側は元々いる保育士を庇う傾向にあります。

そういった園には見切りを付けて、人間関係が良好な園に転職しましょう。

友人の保育園に入るのも良いですし、転職サイトで人間関係について徹底的に調べてもらい、前職者が人間関係以外の理由で辞職している所を選びましょう。

先輩が保育方針に従わずにイライラ…

長く勤めると、自信がついて自分の保育観を優先してしまう人も出てきます。

そういった人の下で働く事になってしまうと、保育園の保育指針と先輩の保育観で挟まれて苦しい思いをする事になるでしょう。

意外と園長や副園長、主任保育士が見ていない所で保育園の保育方針に従わない保育士は一定数います。

例えば、子どもの名前は必ず名前で呼ぶという個人の尊重を大切にする園なのに、見ていない所で名前をあだ名で呼んだり、怒る際に威嚇も込めて名前を呼び捨てにしたりする人もいます。

注意したいと思っても、先輩だから言い出しにくいと思います。

かと言って、他の先輩保育士や園長・主任に言うと、その先輩に「あの子にチクられた!」と怒られる可能性があります。

そういった事が怖くて言えない人も多いのですが、そこで大切なのは、言い返すよりも自分は保育方針に従った行動をし続ける事です。

態度ではっきりと保育方針に従う姿勢を見せ続ける事で、向こうが折れてくれる場合や、向こうから何か突っかかって来るなど何かしらの進展が見られる筈です。

流石に自分にもそうする事を強要するようになった場合は、「でも、保育方針は〇ですから」とやんわり伝え、それでも収まらない場合は主任保育士などに相談し間に入って貰うと良いでしょう。

どちらの言う事が正しいのかをはっきりさせて、もやもやを解消しましょう。

自分の保育観に自信を持っている人は、なかなか他人の保育観を認めようとせずに、保育方針すら蔑ろになってしまう事があります。

悲しい事ですし、子どもを預ける側からすれば不安になる話ですが、そういった保育士は存在します。

まとめ

どんな時でも忘れてはいけないのは、自分の保育が絶対に正しいと学ばなくなる姿勢を持ってはいけないという事です。

保育は常に変動し、子どもに合わせて対応を変える事が必要です。まずは自分の行動を見直しましょう。

そして、自分の行動に問題がないかを第三者に確認して貰ってから、初めて相手の原因を探りにかかってください。

また、真面目な人がよく「自分が悪いから」と自分を卑下して、自分だけが上手く行っていないのだと思い込んでいる事がありますが、それは違います。

先輩保育士と上手く行かない人は大勢いるので、自分だけが悪いと背負い込む必要はありません。気楽に考えましょう。

先輩に歩み寄れる所は歩み寄って、表面上は上手に付き合い、業務に支障が出た場合は上司を絡めて解決、そしてどうしても拗れたら働いている園よりも条件の良い所に転職すれば良いです。

保育士は転職をしやすいので、過酷な人間関係の園に居続ける必要もありません。

COMMENT